haikのバックアップの方法

全体をバックアップする方法

手順は以下の通りです

  1. haik右横の▼をクリックし、現れたメニューのアップデートをクリックする
  2. バックアップボタンをクリックする
  3. データのダウンロードの「管理者パスワード」を入力し、横の「ダウンロードボタン」クリックする
  4. ファイルを適当なフォルダに保存する

1.haik右横の▼をクリックし、現れたメニューのアップデートをクリックする

2014-01-03_10h56_45

2.バックアップボタンをクリックする

2014-01-03_11h00_04

3.データのダウンロードの「管理者パスワード」を入力し、横の「ダウンロードボタン」クリックする

2014-01-03_11h01_32

4.ファイルを適当なフォルダに保存する

2014-01-03_11h45_34

以上で、全体のバックアップは完了です。

※このファイルは、ホームページ全体がうまく表示できなくなったり、サーバーを移転した時などに使いますので、定期的にバックアップしておくことをおすすめします。


個別ページをバックアップする方法

  1. バックアップするページを開き、 編集ボタンをクリックする
  2. 編集画面になったら、すべて選択し、コピーする
  3. メモ帳などに貼り付ける

1.バックアップするページを開き、 編集ボタンをクリックする

2014-01-03_14h14_59

2.編集画面になったら、すべて選択し、コピーする

2014-01-03_14h18_07

3.メモ帳などに貼り付ける

2014-01-03_14h21_53


これで、個別ページのバックアップが出来ました。簡単ですよね。

この方法でバックアップしておけば、

  • バックアップした内容をそのまま編集画面に貼り付ければ、バックアップした時点の内容に戻すことができる
  • 新しいページを追加したとき、バックアップしたものを始めに貼り付け、必要なところだけ変更することで時間をかけずにページを増やせる

といったメリットもあります。


Evernoteを使ってみる

個別ページのバックアップをするとき、メモ帳などのテキストエディターやワードなどに貼り付けてもいいのですが、こうした用途に便利なソフトがあります。

それは、Evernoteというソフトです。

  • ページごとに個別のファイルで管理しなくてもいいので、どこに保存したのか分からなくなる可能性が少なくなる
  • 貼り付けた内容を自動で保存してくれるのでとても便利
  • 貼り付けた内容は、「ページ名 + 日付」のタイトルで保存しておけば後から探しやすい
  • 定期的に保存したり、内容を変更したりしたときに保存しておけば、変更した後でも、以前の内容に戻すことができる

2014-01-02_23h22_27

▲ 編集画面の内容をエバーノートに保存したところ

ぜひ、活用してみてくださいね。